好きなものだけで暮らす

アラフォー男子(無職)が好きなものだけに囲まれた生活を目指す中で殿堂入りしたモノを中心にライフスタイルも紹介しています。

いまだに残るサラリーマン時代についた習慣

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

f:id:yidong0829:20160709093941j:plain

 

 

先日、嬉しいことに

知り合いから仕事を手伝ってほしいという話をもらいました。

 

聞けば私が中国と関わってきた経験を生かせそうなとてもいい話。

 

しかし

 

何か協力したいという気持ちがあるものの気が乗りません。

うまく考えがまとまらないので回答は保留し、そのまま帰宅。 

 

その後、いろいろ考えてみたのですが

どうしても「仕事 」という言葉に

ネガティブな反応が出てしまうようです。

 

サラリーマン時代の習慣をそのまま持ち込んでしまって

また同じ失敗をするのではないか?

つまり

常に頭でいろんなことを考え続けて

精神的、肉体的に疲弊していって自滅する

ということです。

 

 

結構自分ではそういう概念を外してきたつもりですし

それを実感しています。

しかし、「仕事」という言葉が絡むと

どうしてもサラリーマン時代の思考回路が蘇ってきてしまいます。

今の自分はそういう状況にあるようです。

私の生き方がまだ完全に確立されていない証拠です。

 

 

 

そして

先日の記事でもお伝えしたように

いまはアトピーの治療中であり

落ちてしまった体力を元に戻している途中です。

肉体的にもまだ不完全だということです。

 

 

 

結果

とても良い話ではありましたが

お断りさせていただくことになりました。

とはいえ

別にその知り合いとの縁が切れてしまうわけではないので

出来る範囲でのことは協力したいということは伝えました。

 

 

最近、自分の身の回りの状況が少しずつ動いてきています。

自分らしい生き方の実現の日が

着実に近づいていることを実感していますし

どんな形で実現するのか、すごく楽しみです。

 

 

※この本に出てくるような仕事を自分で作って、自由に生きるスタイルが私に合っていると思います。


 


 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村