読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものだけで暮らす

アラフォー男子(無職)が好きなものだけに囲まれた生活を目指す中で殿堂入りしたモノを中心にライフスタイルも紹介しています。

人間関係はなぜか断捨離が要らなかった私

好きなものだけに囲まれた暮らし 断捨離

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

 

振り返ってみれば私の人間関係は昔からシンプルでした。

 

昔から一人でいることに寂しさを感じることがなく

むしろ好きなほうでした。

友達も少ないほうだと思います。

 

たくさんの人と器用に仲良くできる人に憧れた時期もありました。

でも友人を増やそうと頑張る自分が嫌でしたし

周りの価値観に無理やり同調するのも嫌でした。

つまり、私には無理なんです。

 

私にはそれだけのキャパしかないんです。

小さな人間関係の範囲でしか自分らしく生きられないんです。

 

 

よくその人の悪口を言いながらも

付き合いをやめない人がいます。

また

明らかに対等な扱いをされていないのに

その人から離れようとしない人がいます。

私にはそんなの無理です。

なぜなら

私の人間関係のキャパが小さすぎて

好きな人たちだけでいっぱいだからです。

そういう人たちと関わる時間がもったいないんです。

 

 

仕事で営業をしていた時も考えは変わりませんでした。

 

いくら利害関係があるとはいえ

明らかに価値観の違う人と関係を深めたいとは

どうしても思うことができませんでした。

こういう性格のせいで逃した仕事もあったと思います。

でも嫌なもんは嫌だったので後悔はしていません。

 

 

こんな狭い人間関係で生きてきた私ですが

奇跡的に結婚できました。

 

妻と私は奇跡的に価値観や趣味が合うし

何も言わなくても相手の考えることが分かるくらいです。

妻以外に同じ感覚を持ったことはありません。

たぶんこれから先もないんじゃないか、と思います。

 

 

私が幸運だったのは、周囲に惑わされず

自分に合ったシンプルな人間関係を築いてこれたことです。

そうでなければ

結婚できたかどうか

恋愛ができたかどうかすらもわかりません。

 

 

人間関係に悩んでおられる方にお伝えしたいです。

一度付き合う人を見直してみたら如何でしょうか?

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。  

 

ランキングに参加しています。 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村      

 

 私のもう一つのブログも良かったら覗いてみてください。

yidongchukankanrisyoku.hatenablog.com