好きなものだけで暮らす

アラフォー男子(無職)が好きなものだけに囲まれた生活を目指す中で殿堂入りしたモノを中心にライフスタイルも紹介しています。

殿堂入りその33 バーニーズニューヨーク 内羽根ストレートチップ 冠婚葬祭用は断捨離できません

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

本日はビジネス兼冠婚葬祭用の靴のご紹介です。

f:id:yidong0829:20160208184516j:plain

BARNEYS NEW YORKの内羽根ストレートチップです。

 

靴の断捨離をしているときに

ビジネスと冠婚葬祭に使えて

丈夫で長く使えるものを残すのが良いと思い

グッドイヤーウェルト製法

内羽根ストレートチップのこの靴が

唯一の黒い革靴として残りました。

 

グッドイヤーウェルト製法の靴は

最初は革が堅く自分の足に馴染むのに時間がかかるので

育てるのが大変でもあり、またそこが楽しくもあります。

足がむくんできた夕方などはかなり足が痛くなって

引きずるようにして家路についたこともありましたが

今は自分の足にしっかり馴染んでいい感じになりました。

新品の時から履きやすい靴はほとんどがマッケイ製法ですが

耐久性はオールソールができるグッドイヤー製法の方が高いようです。

 

ちょっとマニアックになってしまいました。

 

 

また、写真のように

私の持っている革靴にはすべてシューキーパーがついています。

靴を買うときはシューキーパーもセットで買います。

継続使用や湿気による靴の変形や劣化を防ぎ

一日でも長く大切に使うためです。

そして

2日連続では絶対履きませんし

雨の日は雨の日用に格下げされた革靴しか履きません。

このルールは海外出張でも厳格に守られ

スーツケースに替えの靴がいつも1,2足入っていました。

 

・・・もはや変態ですね(笑)

 

革靴に限らず

靴はいろいろな場所に連れて行ってくれて

いろいろな経験をさせてくれる大切な道具です。

また、雨や固いアスファルトから足を守ってくれるものでもあります。

私は靴に対する敬意というか愛情というか

そういうものを強く持っているんだと思います。

 

たまに綺麗に磨かれた靴を履いておられる年配の方を見ると

こういう歳の重ね方をしたいなぁと

ニヤニヤしながら見ております。

 

・・・変態ですね(2回目)

 

 

これからもこの靴といろんな経験をしていきたいと思っています。

 

 

革靴に興味を持たれた方はこちらをおすすめします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。  

 よろしければご協力お願いします。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村