読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものだけで暮らす

アラフォー男子(無職)が好きなものだけに囲まれた生活を目指す中で殿堂入りしたモノを中心にライフスタイルも紹介しています。

服飾の断捨離だけはルールが緩い 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

 

本日は、タイトルにもありますように

断捨離についてご紹介します。

 

 

始めのご挨拶でも書きましたように

自分達が好きでないもの、あまり使っていないもの

は迷わず処分してきました。

 

特に日用品などは本当に減りました。

同時にそれらを収納していた家具も無くなり

部屋がすっきりしました。

でも今、まったく困っていません。

まだまだ減らせるかも、と思うくらいです。

(断捨離の成果はまた、機会をみて紹介したいとおもいます)

 

しかし、私も妻も洋服や靴や鞄が大好き

世間のミニマリストさんがされているような

一年を10着とか20着とかで過ごす

ということは今の私たちには想像できませんでした。

 

しかも、私たちはファッション以外に趣味と呼べるものがありません。

 

よって、ここは私たちの「娯楽」として

服飾のルールだけは緩めに残そうということになりました。

 

 

 しかし、あまり着ていないものや

着ているけどあまりわくわくしないもの

が結構あったのでだいぶ減らしました。

特に私は仕事を辞めたということもありますが

かなりの量を処分しました。

 

断捨離の成果のイメージとして下記写真をご覧ください

f:id:yidong0829:20151217091840j:plain

 

もともとここにはたくさんの洋服や靴、鞄がパンパンに詰まってました。

現在は空になった家具は処分し、下記のようになっています。

天井近くまであった家具がなくなって圧迫感がなくなりスッキリしました。

f:id:yidong0829:20151217092224j:plain

できればこの家具も無くしたいと思っていますが

今残っている洋服や鞄たちは好きなものばかりですので

無理にするつもりはありません。

 

上記以外に画像は載せませんが洋服の収納は

この部屋の備え付けのクローゼット

同 6段の桐たんす

別の部屋の備え付け小さめのクローゼットがあります。

二人暮らしにしてはちょっと多いのかもしれませんが

現在の服飾を娯楽としている私たちにとっては

適性の量なのかな、と思います。

 

これから

そんな娯楽としての服飾品として殿堂入りしたモノを

私だけではなく妻のモノも含めて紹介していければ、と思っています。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 よろしければご協力お願いします。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村